出典:デジタル大辞泉(小学館)

明治22年(1889)2月11日、明治天皇によって公布され、翌年11月29日に施行された欽定憲法。天皇主権を原理とする成文憲法で7章76か条からなる。天皇の大権臣民の権利・義務、帝国議会の組織、輔弼 (ほひつ) 機関、司法、会計などについて規定。伊藤博文を中心に井上毅 (いのうえこわし) らが起草した。昭和22年(1947)日本国憲法の施行により廃止。明治憲法。旧憲法。帝国憲法。