出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 律令制で、弾正台 (だんじょうだい) の次官。少弼 (しょうひつ) の上に置かれた。

  1. 孝謙天皇の時の紫微中台 (しびちゅうだい) 、およびそれを天平宝字2年(758)に改称した坤宮官 (こんぐうかん) の次官。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉