出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 里神楽などに用いる打楽器の一種で、締め太鼓の胴の長いもの。細桴 (ほそばち) で一方の皮を打つ。

  1. 歌舞伎下座音楽で、1のほか、大太鼓と篠笛 (しのぶえ) あるいは能管が入る鳴り物。神社の場面などに用いる。