出典:デジタル大辞泉(小学館)

戦国時代の軍律にみられる死刑の一。たとえ1銭でも盗んだ者は首を切られるからとも、首の切り口の形が銭に似ているからともいう。

「みだりがはしき輩 (ともがら) あらば、―と御定めあって」〈信長記・一〉