出典:デジタル大辞泉(小学館)

鎌倉初期の建築様式。僧重源 (ちょうげん) 東大寺再建にあたり中国宋の様式を取り入れたもの。柱に指肘木 (さしひじき) 、天井に化粧屋根、用木には彩色を施すのが特徴。東大寺南大門や浄土寺浄土堂などがその代表。天竺様 (てんじくよう) 。