だいほうしゃくきょう〔ダイホウシャクキヤウ〕【大宝積経】 の意味

  1. 《「宝積」は法の宝の集積の意》大乗経典。120巻。菩提流志 (ぼだいるし) 編および訳。713年完成。チベット語訳もある。大乗経典49部を集めたもの。