たいほう‐りつりょう〔‐リツリヤウ〕【大宝律令】 の意味

  1. 大宝元年(701)刑部 (おさかべ) 親王藤原不比等 (ふじわらのふひと) らが中心となって編集した法令集。律6巻・令11巻からなり、天平宝字元年(757)の養老律令施行まで国の基本法典となった。全文は伝存しないが、令集解 (りょうのしゅうげ) などによって条文の一部を知ることができる。→律令