出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 平安末・鎌倉時代、多くの名田 (みょうでん) を所有した者。大名主 (だいみょうしゅ) 。

  1. 鎌倉時代、大きな所領をもち、家の子郎等 (ろうどう) を従えた有力な武士。

  1. 室町時代、有力な守護。守護大名。

  1. 戦国時代、諸国を支配し、家臣に知行地を与えて統轄した者。戦国大名。

  1. 江戸時代、将軍に直属した1万石以上の武家。将軍との親疎関係から親藩譜代外様、領地の関係から国持准国持城主・城主格(無城だが城主と同格)・無城の別があった。