出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 大形の紋。

  1. 布製の直垂 (ひたたれ) の一。菊綴 (きくと) じの下に家紋を大きく染め抜いたもの。室町時代に始まり、江戸時代には五位の武家で諸大夫以上の通常礼装となり、長袴を用いた。

出典:青空文庫

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉