出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動](スル)
  1. 君命にこたえて、その主旨を広く世の中に示しあらわすこと。

    1. 「朝旨に―し開化富強の基本を建んとす」〈新聞雑誌四五〉

  1. つりあっていること。また、そのものや、そういうさま。匹敵。対等。

    1. 「味方と敵と―すべきほどの勢にてだに候はば」〈太平記・八〉

    2. 「―ナ相手」〈日葡
  1. 相対すること。

    1. 「何ともなき取集勢を―して合戦をせば」〈太平記・二二〉

  1. 仏語。

    1. ㋐仏の説法に対して問答し、仏意を正しく理解すること。

    2. ㋑法会で散華 (さんげ) の式のとき、仏法・世法の常住・安穏を願う偈 (げ) を唱えること。また、その偈文や僧。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉