出典:デジタル大辞泉(小学館)

太陽を直視することで起こる網膜障害。太陽を見つめると、可視光線赤外線が眼底に達し、網膜の中心にある黄斑に火傷が生じる。視野の中心がぼやけ、視力が低下する。黄斑の中心部にある中心窩に損傷を受けると視力が著しく低下する。日食の観察によって発症するものを日食網膜症という。太陽性網膜炎。日光網膜症。日光網膜炎。

[医学/病気]カテゴリの言葉