出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 民法上、代理人が本人のためにする行為。

  1. 行政法上、第三者のなすべき行為を行政主体が代わって行う行政行為。第三者自らがしたのと同じ効果を生ずる。