出典:デジタル大辞泉

上場または店頭登録されている有価証券を取得して、発行済み総数の5パーセント超に達した場合に、取得者が提出する書類。金融商品取引法により提出が義務付けられている。市場の透明性を高める目的があり、保有割合や目的などを記載する。その後、保有割合が1パーセント以上増減した場合は、変更報告書を提出する。この開示制度は「5パーセントルール(大量保有報告制度)」とも呼ばれる。制度開始当初は紙面での提出が認められていたが、平成19年(2007)4月以降はEDINET (エディネット) での提出が義務化されている。