出典:デジタル大辞泉(小学館)

民謡の一つで、田植えをしながらうたう仕事歌。もと、田の神をたたえて豊作を祈願するためのもの。上代から行われ、田舞田歌などにも取り入れられている。さおとめうた。さつきうた。