出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]
  1. 今にもとぎれそうでいながら、やっと続いていること。また、そのさま。「息も絶え絶えな(の)ようす」

    1. 「蚊遣の煙の―になったのを見て」〈鴎外・蛇〉

  1. 続かずにきれぎれになること。とぎれとぎれになっていること。また、そのさま。

    1. 「啜泣きは、まだ―に聞えていた」〈芥川・秋〉

    2. 「朝ぼらけ宇治の川霧―にあらはれ渡るせぜのあじろ木」〈千載・冬〉
[副]長く続かずに時々切れるさま。とぎれとぎれ。
    1. 「大殿 (おほいとの) には―まかで給ふ」〈・帚木〉

出典:青空文庫