出典:デジタル大辞泉(小学館)

謡曲。五番目物世阿弥作。念仏僧が大和の当麻 (たいま) 寺を参詣すると、阿弥陀の化身の老尼と観世音の化身の侍女が現れて中将姫の話を語り、その夜、僧の夢に中将姫が現れ、仏法の徳をたたえて舞をまう。