出典:デジタル大辞泉(小学館)

女性的で、優美・繊細な歌風。万葉集の「ますらおぶり」に対し、主として古今集以後の勅撰集に広くみられる詠みぶりをいう。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉