出典:デジタル大辞泉(小学館)

独立変数の一つの値に対して従属変数の値が二つ以上対応しうるような関数。