出典:デジタル大辞泉(小学館)

古今集・春上の「色よりも香こそあはれと思ほゆれ誰が袖ふれし宿の梅ぞも」の歌から》

  1. 匂袋 (においぶくろ) の名。衣服の袖の形に作った袋を二つひもで結び、たもと落としのようにして携帯した。

  1. 細長い楊枝 (ようじ) さし。

  1. 桃山時代から江戸時代にかけて流行した種々の豪華な婦人の衣装を衣桁 (いこう) にかけた図。屏風 (びょうぶ) などに描かれた。

  1. 衣服の片袖の形や文様を意匠に取り入れた器物。香合 (こうごう) 向付 (むこうづけ) ・茶碗・水指 (みずさし) などがある。