出典:デジタル大辞泉(小学館)

日本神話で、天照大神 (あまてらすおおみかみ) をはじめ多くの神々が住んでいたとされる天上の世界。「根の国」「底つ国」に対する世界で、それらの中間に「葦原 (あしはら) の中つ国」「顕国 (うつしくに) 」があるとされた。たかまのはら。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉