たか‐まきえ〔‐まきヱ〕【高×蒔絵】例文一覧 5件

  1. ・・・ 黄金無垢の金具、高蒔絵の、貴重な仏壇の修復をするのに、家に預ってあったのが火になった。その償いの一端にさえ、あらゆる身上を煙にして、なお足りないくらいで、焼あとには灰らしい灰も残らなかった。 貧乏寺の一間を借りて、墓の影法師のよう・・・<泉鏡花「瓜の涙」青空文庫>
  2. ・・・二の烏 生命がけで乾ものを食って、一分が立つと思うか、高蒔絵のお肴を待て。三の烏 や、待つといえば、例の通り、ほんのりと薫って来た。一の烏 おお、人臭いぞ。そりゃ、女のにおいだ。二の烏 はて、下司な奴、同じ事を不思議な花が薫・・・<泉鏡花「紅玉」青空文庫>
  3. ・・・箪笥、長持、挟箱、金高蒔絵、銀金具。小指ぐらいな抽斗を開けると、中が紅いのも美しい。一双の屏風の絵は、むら消えの雪の小松に丹頂の鶴、雛鶴。一つは曲水の群青に桃の盃、絵雪洞、桃のような灯を点す。……ちょっと風情に舞扇。 白酒入れたは、ぎや・・・<泉鏡花「雛がたり」青空文庫>
  4. ・・・ 御厨子の前は、縦に二十間がほど、五壇に組んで、紅の袴、白衣の官女、烏帽子、素袍の五人囃子のないばかり、きらびやかなる調度を、黒棚よりして、膳部、轅の車まで、金高蒔絵、青貝を鏤めて隙間なく並べた雛壇に較べて可い。ただ緋毛氈のかわりに、敷・・・<泉鏡花「夫人利生記」青空文庫>
  5. ・・・ぎれいにしてやるので誰云うともなく美人問屋と云ってその娘を見ようと前に立つ人はたえた事がない、丁度年頃なのであっちこっちからのぞみに母親もこの返事に迷惑して申しのべし、「手前よろしければかねて手道具は高蒔絵の美をつくし衣装なんかも表むきは御・・・<著:井原西鶴 訳:宮本百合子「元禄時代小説第一巻「本朝二十不孝」ぬきほ(言文一致訳)」青空文庫>