出典:デジタル大辞泉(小学館)

メイガ科のガ。翅 (はね) の開張約2.5センチ。雄の翅は淡褐色で黒点やすじがあり、雌では淡黄白色で黒点が1個ずつある。幼虫は稲の茎に食い入る害虫。晩春から初秋にかけ3回発生するので三化螟蛾 (さんかめいが) ともいう。

[生物/動物名]カテゴリの言葉