出典:デジタル大辞泉

中世以降、の栽培農民に課せられた税。その銭納を藍代 (あいしろ) とよぶ。