出典:デジタル大辞泉(小学館)

[助動][たがら・たがろ|たがり・たがっ|たがる|たがる|たがれ|○]《希望の助動詞「たし」の語幹「た」+接尾語「がる」から》動詞、および助動詞「れる」「られる」「せる」「させる」の連用形に付く。
  1. 話し手以外の人の希望を表す。「この子はお菓子を食べたがってしかたがない」

  1. (「たがっても」の形で)話し手の希望を表す。「私がどんなに退院したがっても、医者が許してくれない」

[補説]「たがる」は鎌倉時代から用いられるようになる。

出典:gooニュース