たきかわ〔たきかは〕【滝川】 の意味

  1. 姓氏の一。
  1. [補説]「滝川」姓の人物
    滝川幸辰 (たきかわゆきとき) 
  • 名詞

たきかわ〔たきかは〕【滝川】の慣用句

  1. たきかわじけん【滝川事件】
    • 《「たきがわじけん」とも》昭和8年(1933)鳩山一郎文相が、京都帝国大学法学部の滝川幸辰(たきかわゆきとき)教授を、その著「刑法読本」や講演内容が赤化思想であるとして罷免した事件。同学部教授団や学生らが抗議運動を起こしたが、当局の弾圧で崩壊した。京大事件。
  1. たきかわゆきとき【滝川幸辰】
    • [1891~1962]刑法学者。岡山の生まれ。京都帝国大学教授のときに滝川事件が起きて休職を命じられた。第二次大戦後に復職し、その後法学部長・総長を歴任。著「刑法講義」「激流」など。→滝川事件
    • [補説]「たきがわゆきとき」と読まれる場合もあるが、京都大学人事記録に拠って「たきかわ」とした。