出典:デジタル大辞泉(小学館)

平安末期の僧。本名、斎藤時頼 (さいとうときより) 。平重盛に仕え、滝口の武士のとき、建礼門院の雑仕女 (ぞうしめ) の横笛と恋愛、父の茂頼にいさめられて19歳で出家。嵯峨 (さが) 往生院で修行し、のち高野山清浄心院に入った。
高山樗牛 (たかやまちょぎゅう) の歴史小説。明治27年(1894)発表。平家の滅亡を背景に、斎藤時頼と横笛との悲恋を描く。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉