出典:デジタル大辞泉(小学館)

[枕]《「たぎつせの」とも》流れの速い意から、「はやし」にかかる。
  • 「―はやき心を何しかも人めづつみのせきとどむらむ」〈古今・恋三〉