出典:デジタル大辞泉(小学館)

(梵)Ḍākinīの音写》仏教の鬼神で、密教では、胎蔵界曼陀羅 (まんだら) 外院にあって、大黒天に所属する夜叉 (やしゃ) 神。自在の通力をもって6か月前に人の死を知り、その心臓を食うといわれる。日本では狐の精とされ、稲荷 (いなり) 信仰と混同されている。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉