出典:デジタル大辞泉(小学館)

佐賀県中央部の市。明治以降は炭鉱町として発展。ビワ・ミカンを産する。遺跡や多久聖廟 (せいびょう) がある。人口2.1万(2010)。