出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動カ五(四)]《「いだく」の音変化》
    1. ㋐腕を回して、しっかりとかかえるように持つ。「子供を―・く」「肩を―・く」

    2. ㋑卵をかえすために、鳥が卵の上にしゃがむ。「親鳥が卵を―・く」

  1. 男性が女性と共寝をする。同衾 (どうきん) する。「男に―・かれる」

  1. 人をまきぞえにする。人を罪に陥れる。

    1. 「手前 (てめえ) も俺も是までだ、手前が―・くか俺が―・くか」〈伎・小袖曽我

    2. 抱 (かか) える[用法]

[可能]だける