出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ア下一][文]たぐ・ふ[ハ下二]
  1. 並べて比較する。また、なぞらえる。「他に―・えるものがない」

  1. 並ばせる。添わせる。

    1. 「花の香を風のたよりに―・へてぞ鶯 (うぐひす) さそふしるべにはやる」〈古今・春上〉

  1. 一緒に行かせる。伴わせる。

    1. 「かくのみし行方迷はばわが魂 (たま) を―・へやせまし道のしるべに」〈平中・二五〉

  1. まねる。ならう。

    1. 「鳥類、畜類の、人に―・へて歌を詠む」〈謡・白楽天