だく‐ひ【諾否】例文一覧 1件

  1. ・・・ これをこの軒の主人に請わば、その諾否いまだ計りがたし。しかるに巡査は肯き入れざりき。「いかん、おれがいったんいかんといったらなんといってもいかんのだ。たといきさまが、観音様の化身でも、寝ちゃならない、こら、行けというに」 ・・・<泉鏡花「夜行巡査」青空文庫>