出典:デジタル大辞泉(小学館)

Defining Advertising Goals for Measured Advertising Results》目的による広告効果管理法。広告効果を、認知・理解・選好・購買という態度変容の各段階についてあらかじめ目標設定し、この目標と実際の調査結果とを照合して、広告活動を管理しようとするもの。1961年、米国のR=H=コーレイが創案した。