出典:デジタル大辞泉(小学館)

絵仏師の一派。宅磨為遠 (たくまためとお) を祖とし、鎌倉時代には京都中心の長男勝賀 (しょうが) の系統と、鎌倉中心の三男為久の系統とが活躍。宋画の様式を取り入れて仏画に新生面を開いた。東寺所蔵「十二天図屏風」など。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉