出典:デジタル大辞泉(小学館)

落ちぶれて失意の底にあること。また、しりぞけられて出世の道を失うこと。

「意気相投じた達雄は、もはや―の人となった」〈藤村