出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 子供の遊び道具。

    1. ㋐2本の竹ざおの途中に横木をつけ、それに足をのせて、さおの上部を握って歩くもの。高足 (たかあし) 。 冬》「―やいろはにほへとちりぢりに/万太郎

    2. ㋑竹の先に木などで作った馬の頭の形をつけ、これにまたがって遊ぶもの。

    3. ㋒葉のついた竹のもとの方にひもをつけて馬に見立て、これにまたがって遊ぶもの。

  1. 江戸時代、ざるを中心に竹4本を組み合わせたものを棒の両端に天秤 (てんびん) のように下げ、品物を運ぶのに用いたもの。大名行列の後尾につきしたがったり、行商人が用いたりした。