出典:デジタル大辞泉(小学館)

巻子本 (かんすぼん) ・経巻などの巻物を包む帙の一種。細くけずった竹を色糸で編み、布で縁どりしたもの。奈良時代に多く用いられた。