出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1664~1739]江戸中期の数学者。江戸の人。通称、彦次郎。号、不休。兄賢明とともに関孝和の門に入り、演段術を発展させた。円理(円弧の長さの計算法)を帰納法によって確立。天文暦理にも長じた。著「円理綴術」「不休綴術」など。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉

[生活/その他]カテゴリの言葉

[数学/数学の人物]カテゴリの言葉