出典:デジタル大辞泉(小学館)

《刀匠の名の兼光・国光などの「光」をつけていう》

  1. 竹を削って、刀身にみせかけたもの。

  1. よく切れない刀をののしっていう語。