出典:デジタル大辞泉(小学館)

日本神話で、大国主命の子。武神としての性格をもつ。武甕槌神 (たけみかづちのかみ) らが葦原の中つ国国譲りを大国主命に迫ったとき、大国主命の命令で武甕槌神と力比べを行ったが敗れて信濃諏訪湖に逃れ、この地から出ないと誓った。諏訪大社の祭神。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉