出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動マ五(四)]

  1. このんで親しむ。愛好する。「酒を―・む」

  1. このんでそのことに励んでいる。芸事などの心得がある。「謡曲を―・む」

  1. つつしむ。気をつける。用心する。「少しは行いを―・みなさい」

  1. 前もって用意しておく。心掛ける。

    1. 「自然、鬚 (ひげ) を剃らうと思うて、某 (それがし) は剃刀 (かみそり) を―・うだ」〈続狂言記・六人僧〉

  1. 見苦しくないように整える。

    1. 「下女までも、堪忍なる程に―・みける」〈浮・好色盛衰記・四〉