出典:デジタル大辞泉(小学館)

主に官公庁が物品・役務の調達、建設工事の発注等の際に、契約の内容を公告し、一定の条件を満たす複数の業者に自由に入札させ、契約主体にとって最も有利な条件を提供する者を相手方として締結する競争契約。国および地方公共団体の契約は原則として一般競争契約である必要がある。→指名競争契約