出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動カ五(四)]

    1. ㋐手や道具を用いて打つ。また、続けて、あるいは何度も打つ。「ハエを―・く」「肩を―・く」

    2. ㋑打って音を出す。「手を―・いて呼ぶ」「太鼓を―・く」

    3. ㋒強く打つ。なぐる。ぶつ。「棒で―・く」「尻を―・く」

    4. ㋓さかんに当たる。雨・風が打ちつける。「窓を―・く雨」

  1. 魚肉を包丁で打つようにして細かく切ったり柔らかくしたりする。「アジを―・く」

    1. ㋐攻撃を加えて相手を負かす。やっつける。「敵の精鋭を―・く」「出はなを―・く」

    2. ㋑厳しく仕込む。鍛える。「新弟子のうちに―・いておく」

    3. ㋒相手の言論・文章などを徹底的に批判する。強く非難する。「新聞に―・かれる」

  1. 相手の考えを聞いたり、ようすを探ったりする。打診する。「先方の意向を―・く」

  1. 値段をまけさせる。値切る。買いたたく。「二束三文に―・いて買う」

  1. すっかり使ってしまう。はたく。「財布の底を―・く」

  1. (多く「…口をたたく」の形で)さかんに、またいろいろに言う。「むだ口を―・く」「陰口を―・く」

  1. (「門をたたく」などの形で)教えを請うためにたずねる。「師の門を―・く」

  1. 《扇子などで演台をたたくところから》講談を演じる。「一席―・く」

  1. 10 将棋で、歩 (ふ) を打ち捨てる。

  1. 11 《鳴き声が戸をたたく音に似ているところから》クイナが鳴く。

    1. 「早苗とるころ、水鶏 (くひな) の―・くなど」〈徒然・一九〉

    2. 打つ[用法]

[可能]たたける