出典:デジタル大辞泉(小学館)

古今集仮名序の和歌の六義 (りくぎ) の一。物にたとえないで、ありのままに詠んだ歌。江戸時代、小沢蘆庵 (おざわろあん) が理想の風体として主張した。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉