出典:デジタル大辞泉(小学館)

《副詞「ただ」に副助詞「」が付いたものから》

[接]
  1. 前述の事柄に対して、その条件や例外などを示す。しかし。「入場自由。但し、子供はお断り」

  1. 前述の事柄に対する推量や疑問を導く。ひょっとすると。もしかしたら。

    1. 「十月を神無月と言ひて神事にはばかるべきよしは、記したる物なし…―、当月、諸社の祭なき故にこの名あるか」〈徒然・二〇二〉

  1. 前述の事柄に対して、別の事柄を並立させる。それとも。もしくは。

    1. 「江戸橋の田村屋にせうか。―西村がおさよが所で乗らうか」〈洒・辰巳之園

[副]ただ」を強めた語。
    1. 「―三宝の加護に非ずは」〈今昔・一二・一六〉

出典:青空文庫