ただ・す【質す】例文一覧 2件

  1. ・・・――猶予未だ決せず、疑う所は神霊に質す。請う、皇愍を垂れて、速に吉凶を示し給え。」 そんな祭文が終ってから、道人は紫檀の小机の上へ、ぱらりと三枚の穴銭を撒いた。穴銭は一枚は文字が出たが、跡の二枚は波の方だった。道人はすぐに筆を執って、巻・・・<芥川竜之介「奇怪な再会」青空文庫>
  2. ・・・と問い返したが返辞が無かったので、すぐとまた、「じゃあ誰の世話にもならないでというんだネ。」と質すと、源三は術無そうに、かつは憐愍と宥恕とを乞うような面をして微に点頭た。源三の腹の中は秘しきれなくなって、ここに至ってその継子根性・・・<幸田露伴「雁坂越」青空文庫>