出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 和室の床に敷くもの。わらを重ねて麻糸で締めた床 (とこ) に、藺草 (いぐさ) で編んだ表をつけ、ふつう、両縁に布でへりをつける。

  1. 履物の表につける、藺草・籐 (とう) ・竹の皮などで編んだもの。

  1. 古く、敷物の総称。むしろこも薄べりの類。平安時代から行われ、初めは貴人の座る所にだけ置かれ、室町時代ごろからは部屋全体に敷き詰めるようになった。

  1. (畳み)たたむこと。「折り畳みの傘」