出典:デジタル大辞泉(小学館)

遊里で、金銭を湯水のように使って豪遊する客。

「身はこの廓 (さと) へ通ひつめ、当世―と、人に知られて」〈伎・浮世柄比翼稲妻