出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「断ち」の意》

  1. 長大な刀剣の総称。短小の「かたな」に対していう。

  1. 刃を下に向けて腰につり下げる長大な刀剣。刃を上に向けて帯にさす「かたな」に対していう。

[補説]本来は平安中期ごろまでの直刀 (ちょくとう) は「大刀」、それ以降の反り刀は「太刀」と書いて区別する。

出典:青空文庫

出典:gooニュース