出典:デジタル大辞泉(小学館)

[接尾]人を表す名詞や代名詞に付く。
  1. 複数であることを表す。「子供達」「僕達」

  1. 複数の意とともに尊敬の意をも表す。

    1. 「大舟にま梶しじ貫 (ぬ) き此の我子を唐国へ遣るいはへ神―」〈・四二四〇〉

[補説]上代では、神・天皇・高貴な人に限って用いられた。
[用法]たち・[用法]がた・[用法]ども・[用法]――いずれも人が複数であることを示す接尾辞。◇「たち」は「公達 (きんだち) 」のように元来、若干の敬意を伴う表現であったが、現在では普通に「ぼくたち」「私たち」のように自称に付けたり、「犬たち」「鳥たち」のように動物にも用いるようになった。◇近ごろ「道具たち」のように物に「たち」を付けることがみられるが、これは正しい使い方とはいえない。◇「がた」は敬意を含んだ接尾辞で、「あなたがた」「先生がた」などと用いる。◇「ども」には見下す気持ちが含まれ、「がきども」「野郎ども」のように使う。また、自称の代名詞に付くと謙遜 (けんそん) の意を示す。「私ども」「手前ども」◇「ら」は使われる範囲が広い。「彼ら」「子供ら」のように敬意を含まない場合、「お前ら」のように蔑視を表す場合、自称の代名詞に付いて謙遜の意を表す場合、「それら」「これら」のように指示代名詞に付いて物の複数を表す場合などがある。◇敬意の程度は「あなたがた→あなたたち→お前ら」の順に低くなる。